イベント

福住町別所「さる祭り」

2018.12
23

昔、さる神という悪い神が山に棲んでいました。年1回女性の生け贄を差し出す代わりに、村の安泰を保っていたのが風習となりました。さる神を退治した時、縄で結界を張り閉じ込めたといういわれがあり、その結界を今でも守る為に、この行事が行われています。朝からできる限り藁を編んで、つなぎ合わせ、結界を張った場所へ毎年締め直しに向かいます。天理市指定無形民俗文化財。

BACK
Share

この記事をシェアする